FC2ブログ
自然素材と木の家。茨城の工務店。住まい手と造る 日本一楽しい家づくり 住工房つくばの杜
こんにちは、小林です。


OPEN HOUSE[構造]を開催します。

高気密・高断熱の高性能のパイオニア「FPの家」の
新断熱材を関東で初めて採用する建物です。

完成後は壁材や床材などに隠れてしまう、
工法や構造の特徴など、この機会に是非ご覧下さい。
kengakukai


床下換気:基礎パッキン
土台:国産桧
防蟻材:木炭塗料「ヘルスコキュア」
断熱材:ixパネル

「住工房つくばの杜」のクオリティーの高さ
たしかな技術と品質を施工現場にてご確認下さい。

尚、今年冬頃完成した住まいを
ご覧いただける「OPEN HOUSE」も開催予定です。

住宅版エコポイント対応
     構造見学会開催

9/4(土)・5(日) 10:00am-16:00pm
2DaysOnly→2日のみの開催です。
会場:古河市下大野字柳久保1938-2

そもそもエコポイントとは?
住宅を建てる際注意することは?
自分流を予算内に魅力的にするには?
保障制度は?
構造の現場を見ながらどんどん御質問下さい。
是非この機会にご来場下さいませ。

*見学をご希望の方は、下記よりお申し込み下さい。
 パンフレット・会場のご案内を致します。

 Tel:0120-25-4825
 mail:info@takatsuka.com


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

スポンサーサイト



こんにちは、小林です。

昨日は、古河市の現場の上棟
j9

jyou1

jyou3
そら君にとっても一大イベント(笑)
この住まいがこれからそら君と一緒に成長してしていくんですから。

jyou4
上棟式が滞りなく終了し
ご近所の方も参加され、餅まきが行われました。
最近中々見かけなくなりましたが、
家づくりに携わる方々の気持ちに「一体感を感じる」
コミュニケーションとなります。


お施主様と大工さんを含めた作り手が一体となって
これからすばらしい家づくりが始まりますね。

お施主様と色々悩んで出来上がった図面で、本当にカッコイイお家です。
お施主様に楽しい家づくりをしてもらえるように、初心に戻って頑張ろう!



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


基礎工事のコンクリート打設が完了し
型枠が外され完成です。

住工房つくばの杜では、
鉄筋との被り厚さをしっかりと確保するために
巾150㎜の基礎を標準としています。
通常120㎜が多いのですが
このわずか30㎜が耐久性に大きく左右します。
kiso1


いよいよ木工事に入りますが、
その前に基礎と地盤から1Mまでを
防蟻・防腐処理を行います。
住工房つくばの杜では、
基礎と木部の地盤から1Mまで
木炭塗料を塗ります。
kiso2
土台と大引の裏側と基礎の天端を
先行して塗ります。
全体が塗り終わった時点でまたお伝えしたいと思います。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。

設計相談を頂いている(仮称)つくばの家、
奥様はピアノが得意。
将来的にはピアノ教室を開くほどの腕前です。

夫婦お二人で
趣味を楽しみながら暮らす家。

設計条件のひとつに
「愛猫が家中を駆け抜けれる様
  キャットウォークを設ける」
があります。

ご夫妻が優雅に見つめる視線の先には愛猫が
自由気ままにキャットウォークを歩く様子を
イメージしプランを詰めていきます。

愛猫とキャットウォークを駆け回りたい・・・
奥様のユメだそうです(笑)

まったく違う2つのプランで
進行中ですが、
どちらのプランになってもベストプランとなるよう
とことんプランを練りたいと思います。
待っていてください、ベストプランをお持ちしますから(笑)
plan.jpg
夢をカタチに。 


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


つくば市のリフォームの現場が、
木工事がほぼ完了し、塗り壁の下地処理と木部の塗装です。


巾木は床材にあわせるため、
同材のミャンマーチークを加工してつくっています
これがかっこいい(笑)


窓枠は堅材で色味に深みのあるタモ材で併せています。

塗材は植物油を原料とした
リボス カルデット
tozai


チークは油木と言われ経年変化が楽しめる材なので
クリア塗装で素材感を最大限に活かします


写真では巾木のチーク材の独特の木目が伝わらないのが残念!
ddd
仕上りが楽しみになると養生を外すのが待ち遠しくなります(笑)


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


最近、工務店を支援するような経営コンサルタントからのセミナーの案内を多く目にします。



内容・・・・

「営業マン10人で何百棟」

「現場見学会で何十組来者。記名を取らないでお客様が来てくれる仕組み」


これが間違いな訳ではない。
住工房つくばの杜の方向性と違うだけであって、聞いていて「なるほど~」という所もあります。


20代はパソコンより携帯が主流とか。
長期優良住宅を使わない手はない。出来ない会社は危ないぞ!とか。

だけど、本来「工務店」として施主様とどう向き合って家づくりをしなければ
ならないのか。工務店の理念はどうなのか?という芯をしっかりと持たなくては
いけないと思う。

この芯が無かったりブレたりすると、施主様は不安がってしまうし、
施主様が来なくなると工務店ができそうもない営業スタイルを取り入れて
もっと会社がおかしくなる可能性もある。

しっかり、自分の会社で使えるのか見極める事も大事。


住工房つくばの杜を好きになってくれた人と、ワイワイ楽しんでプランを作ったり、
住工房つくばの杜の大工さんで建て、住工房つくばの杜の品質が確保できるだけの
現場の数をこなせば良いのではないでしょうか。


工務店として、惑わされないで会社のバランスを保つ事。
自分たちの家作りの考え方を持って施主様に伝える事です。

工務店は工務店の営業スタイルをとことん
貫いていくことです。(進化することは当たり前ですが)

これが出来ていれば工務店は頑張っていけると思うのですが。



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


先日あるお客様の会話でこんなお話がありました。

「住宅展示場に行ってみたけれど、
 豪華で大きくて、現実的な家づくりには何ひとつ参考にならなかったわ。」・・・と。

住宅展示場とは、
大手ハウスメーカーさんの大きくて立派な建物が立ち並んでいるところです。
中にはコンクリート住宅もありますが・・・。

とにかく大きくて立派なので、
まず同じように建つことは極稀で
現実には展示場とはかけ離れた家となる。


住工房つくばの杜には
モデルハウスはありません。
お客様のユメのカタチは一つとして同じものはありませんし、
ひとつひとつ住まい手と向き合う家づくりに拘るスタイルには
モデルハウスは意味を成しませんね。

立派過ぎて現実的でないモデルハウスを見せて顧客を獲得する方法は、
時代に合わないですし、
先述のお客様同様、住まい手が本当に求めていることではありませんね。
また、過大経費の大手ハウスメーカーに違和感を覚えている方が多いことと思います。

家を建てる時「とりあえず展示場」という流れが変わりつつあるようです。

家を建てることに満足するのではなく、
夢がカタチになる喜びも感じてもらいたい。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。

まだまだ暑い日が続きます。


先日、現場で職人さんからこんな話を聞きました。

他社が施工したある現場の配水管の詰まりのメンテナンス依頼があり、
現場に向かったそうです。

その職人さんが携わった建物でないので、
配管の具合がよくわからなくて大変でしたが、
なんとか開通。

どうも排水の配管が地中で無理に曲がっている様子で、
長い間にゴミが詰まってしまったようです。

こういう施工は職人さんの思いやりや経験不足によるところが大きいですね。

家というのはローコストでも建ちますが、その場合こういう問題点が出易いと考えます。
判断基準がまずお金ですから・・・。


お施主様は職人さんの資質までは見抜けません。
だからこそ、
請負会社は、職人さんに仕事を依頼する際、
慎重に決めなければなりません。

お施主様から信頼の元に仕事を任せていただいているのですから。

高塚建設工業は、創業100年を迎えました。
創業者から代々受け継がれ、社長が守り続けたものは、
地域とそのつながるすべての人。

共にものづくりに向き合う職人さんを
大切に考えるからこそ
強いチームワークが生まれます。

職人さんを良い方向に育てていくのも請負会社の大事な役目だと思います。
そうすることで、最終的にお客様に喜んでいただけることになるのですから。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


つくば市のリフォームの現場が
木工事の終盤に差し掛かり、
昨日と今日は、大工さんと最終の納まりの打合せ。


設計にもプランをまとめる設計と、
現場の納まりを決めていく施工図を書くという作業があります。

これも頭を切り替えながら、同時進行のように進めていきます。


設計というのは、
頭の中ではなんとなく形は出来ていて、
工事を進める上で相手に間違いなく伝えていくという手段でもありますね。

たとえば
階段の施工図。
極端なことを言えば、
階高と段数とスパンを現場で測れば、
プレカットで階段は造れるのですが、私はこれを嫌います。

(プレカット=建築用の材料を事前に工場で加工しておくことです)

細かい納まりを考えて、確実に納まるということを、
おぼろげな頭の中の形だけでなく、実際に描いて検討をします。
そうすると見えてくるものがあるんです。


「きれいな納まり」が。


それを確認する作業でもありますね。

もちろん、図面を書いて終わりではありません。

これを現場でまた打合せを重ねて実際に作り上げます。

こういう手間を惜しむか惜しまないかは、
つくり手のポリシーに関わってくる。


長期優良住宅でも、要求されることではありません。
でも、
住工房つくばの杜は、とても大事なだと考えて実行してます。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。

古河市の現場の基礎の配筋検査を行いました。

配筋検査とは、基礎内部の鉄筋が設計図通りに
設置されているかを第三者検査機関が確認する検査です。
検査の内容は、
鉄筋の本数や設置間隔、必要長さ、重ね長さ、コンクリートの必要厚さ、補強方法等です。

住工房つくばの杜では、
基準(最低限必要とされる強度を確保するためのルール)以外に
独自の基準に基づいて施工を行います。

実は、

大地震時に加わる大きな力に耐える強度、
長期的な耐久性の確保など、
この独自の基準が住み継ぐ家にとって必要な要素となります。


配筋検査は問題なく終了し、
独自の基準もしっかり施工されていることも確認。
kiso001.jpg
いよいよベースのコンクリート打設です。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。


昨日も外は暑かったですね。


先日のTVでエアコンの使い方のことを話していて、
1人がエアコンは付けっぱなしの自動運転をしていると言ったら、
廻りの人が間違っているかのように責めていました。


自動運転で付けっぱなしなら、本当は正解ですよね。


でもいまだに、エアコンのつけっぱなしは悪のようにいう人が多い。
「エコ」という観点から悪者扱いです。

間違いですね。

エアコンは付けっぱなしのほうが、間違いなく省エネ運転になります。
日中ガンガンに家の中に熱を貯めて、
夜に帰ってからエアコンでガンガンに冷やすという運転のほうが、
どんなに電気を使うことか・・・。

日中は窓を開けて風を入れて、
夜は閉めてエアコンという考え方もあるようですが、
これも問題あり。

外の暖かい空気にはたくさんの湿気も蓄えられていますが、
この空気を冷やすと湿気が空気に蓄えられる量が減りますから、
湿度は上がる方向に行きますね。

エアコンで湿気を取り除くにも追いつかないことになります。
これでは快適にはほど遠いですし、冷房病とか体にもよくありません。

先日、伺ったFPの家OBのお家も、
吹き抜けのある大きな一室(ほぼ家中の空間)を
エアコン弱運転 26℃設定(エアコンが運転しているのすらわかりません)で快適に過ごされていました。

エアコンを弱くてもずっとかけ続けるのが効果が出るということです。

そんなわけで、
エアコンの付けっぱなしで、しかも省エネ運転できるという、
断熱とさらに気密が取れている建物をつくる必要があるんですね。

断熱・気密の性能の無い建物こそが、問題なのですね。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。

古河市の現場は基礎の配筋が始まりました。
連日の猛暑で、職人さんたちにとって現場は過酷な環境となっています。
現場管理において、職人さんたちの健康管理も現場の品質同様
とても重要なことです。

職人さんたちの汗ひとつひとつが、
ユメをカタチにするプロセスであり、職人のプライドなんだと思います。


写真の白いフィルムは防湿フィルムで
地面からの湿気をシャットアウトするために
全面に敷設します。

haikin2.jpg

外周部の基礎の立上り部の複雑な鉄筋は
工場で加工を行い現場で組み立てます。

haikin3.jpg

工場で加工を行うことで工期の短縮と施工精度の向上というメリットが生まれます。
仕上りが正確で、なによりとてもキレイです。

haikin1.jpg

夏の日差し以上に熱い職人さんの情熱を感じた一日でした。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。


「あの家とLDKの大きさが同じなのに、
        なんで大きく感じるのだろう・・・?」


完成した住まいを見た、ある施主様が不思議そうに言った一言。


天井を2.6m(一般的には2.4mが多いです。)にしたら広く見える。
奥行き、幅を広げたら広く見える。
窓が大きければ広く見える。

私は思います。
ただ、物理的に大きくすれば広く見える訳ではない。

奥行き、幅、高さでの広がりは勿論視覚に関係しますが、
それらは全てコスト面にも反映される。

投入する建築費に比例されるのであれば良いですが、
意味のないイニシャルコストにもなり得るという事です。

空間の広さは帖数だけではなく、

窓の大きさや位置


家具

そしてもうひとつ空間を広く見せる工夫を加え、
コストを上げずに、色々な要素で大きく感じるものだと思っています。

住宅の設計のプランの段階で、
帖数、幅、高さで判断されがちですが、
プラン上の工夫やアイデアを
模型やパースでお施主様に少しでもイメージがしやすいよう、
丁度良い空間の広さを分かってもらえるように工夫をしています。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。


まだまだ残暑が続きそうです。
皆さん体調を崩さないようにしましょうネ。

さて、
今日は休日を利用してチビッコたちと我が家の草むしりです。
これでほとんど時間がとられました(笑)

8月初めにやったのに草が生えるのは早い・・・

夕飯は、菜園で収穫した野菜を中庭のデッキで七輪を囲み楽しみました。
しばらく七輪が活躍しそうです(笑)
k01
こんにちは、小林です。

木造軸組工法の構造強度は、
意匠設計(間取り)に左右される要素が多く、
構造の安全性を確保し、合理的な構造設計を行うためには、
意匠設計の初期段階から構造に配慮することが重要となります。

jisin
皆さんの記憶にも新しい2004年に起きた 新潟県中越沖地震は想定外の大地震でした。


巨大地震が日本各地で高確率で予測される以上、
設計のプロとしては構造強度の確保は必然と重要なウェイトを占める。

デザインも重要ですが、構造設計も絶えず並行していかなければ
偏った家になってしまいます。
設計・施工・職人が協力し合わなければ、良い家はできない。

構造上の安全性を確保した上で、自分達らしいスタイルを工夫して
地域に馴染んだ暮らしの形式を活かした住宅が、永く生き残る価値がある。

そんな家づくりこそが、住まい手に喜ばれる。

そんな家づくりが、「住工房つくばの杜」らしい家づくりです。



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。

いよいよ竣工間近の
つくば市 リフォームの現場です。
oohari2
1階が車庫とつながる子供室、2階にLDKを配した住まいを
まず動線の整理から行い、
家族のつながりを優先し
1階をLDKと子供室をつなげる計画としました。

水周りが全て1階に配され動線と配管の集約化と一体的な空間となりました。

何といってもキッチンからリビングを抜ける建主様自慢の大きな梁。
oohari3
この大梁と柱が空間に圧倒的な存在感と安定感を与えます。
お施主様、床の養生が取れるのが待ち遠しいですね(笑)

住工房つくばの杜は、木づかいのリフォームも得意です。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
毎日暑い日が続きます
みなさん暑さに負けたりしていませんか?

私の夏バテ防止対策は「暑くてもエアコンは付けずに寝る!」です(笑)

エアコンを付けずに寝る人は40代以上になると
30数%程いらっしゃるようです。
ちなみに私は30代前半ですが・・・。



誠に勝手ながら、8/13(木)~8/16(日)の4日間を夏季休暇とさせていただきます。
その間いただいた資料請求、お問い合わせのお返事は17日(月)以降の対応となります。ご了承ください。

 
皆さまにはご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
こんにちは、小林です。

つくば市のリフォームの現場です。

築29年の伝統的な日本家屋のLDKを
開放感とつながりのある空間に全面改修を行います。
ti-ku4
開放感を得る為に一部の壁を撤去し、鉄骨梁により補強を行っています。

リフォームは既存部分の活かし方が重要になりますので
念入りに打合せを繰り返し、仕上りのイメージを固めていきます。

床の断熱と下地が終わり、いよいよフローリング貼り。
ti-ku3
フローリング材は無垢のミャンマーチーク オイル仕上
働き巾120㎜ 厚み15㎜

チークは天然のオイル成分により
飴色の経年変化で落ち着いた高級感のある色に仕上ることから根強い人気があります。
「銘木中の3大銘木」の一つと言われ、
北米産ウォールナットとローズウッドと並ぶ世界の最高級材です。

そのチーク材の中で最も風格があるのがミャンマーチーク。
反りや割れに強く、堅く狂いなどが少なく、
耐久性があることからヨーロッパでも古くから愛用されています。
お施主様、一緒に経年変化を楽しませてください(笑)。
ti-ku1
チークの色味がカッコいい!
住工房つくばの杜の展示場で
3年経年のミャンマーチークを是非ご覧ください。



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。


工事進捗に合せ、各詳細の検討、フローリングサンプルを中心に
壁、建具、サッシ枠など全体の色調をイメージしながら使用材の材質や色味の最終確認。

ウォールナット
ブラックウォルナット
アメリカンブラックチェリー
サクラ
クリ
ホワイトオーク

限られた予算の中で
住まい手の夢をカタチに近づけていく。


フローリングは主に、幅75(7.5cm)、90(9㎝)、130(13㎝)とあり
最近は幅広のフローリングが人気が出ているようですが、
幅広はそれだけ大きな木が必要になりますのでコストも高くなります。

簡単には張替えのきかないフローリング。
フローリングの質感や色調が、全体の空間を大きく左右します。

完成時のイメージとのギャップが生じないよう、
出来るだけ実物を実際に見てから判断することをお奨めします。

utiawase
個人的にオススメは、
ブラックウォルナットとアメリカンブラックチェリーです。

ぜひ、展示場で実物をご覧下さい。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。
 

昨日、一昨日と「オーダーメイドの家」の見学会が終了しました。

参加された皆様!オーナー様!みなさん本当にありがとうございました!!
そして関係者のみなさん、
暑い中ご協力いただきありがとうございました。

36坪の、みどころが沢山あるお家でしたが、
参加された方々の反応が予想以上に良くビックリしました。

一昨日に見学され翌日友人を誘って再度お越しいただいた小林様、
ありがとうございました。
感動の連鎖反応が「人のつながりを生む」ことに
感動のスタッフ一同でした。

建主様の感動が未来の建主様に伝わる・・・
そんな感動をつなげていきたい。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。

古河市の現場の
地盤改良工事が始まりました。

地盤補強の方法には多くの方法がありますが
今回は柱状改良で行っています。
jiban1
柱状改良は、
写真のように地盤を掘り、セメント系固化材を注入して、
地中に柱状の強固なコラムをつくって
先端面積と摩擦力で建物を支えます。

 
基礎の設計は、
接地圧(基礎底盤と地盤の間に作用する力)の大きさをもとに設計するのが
基本となります。


ちなみに、木造住宅をベタ基礎でつくる場合、
人間の足裏接地圧とほぼ同じになります。

たとえば、
田んぼの上をハイヒールで歩くのと長靴で歩くのでは、
当然、長靴のほうが歩きやすい。

つまり、荷重を受ける面積を大きくすれば接地圧は小さくなり、
人間の足裏接地圧と同じになるというわけです。

家ほど大きなものが、なぜ人間と同じ接地圧になるかというと、
荷重を分散しているからです。

木造住宅(2階)             人間
 床面積:7.28×7.28≒53㎡       靴底面積:0.25×0.2=0.05㎡
 建物総重量≒720KN           接地圧:65/0.05≒13KN/㎡
 耐圧盤面積≒53㎡
 接地圧:720/53≒13KN/㎡


家づくりを始めるにあたり、住工房つくばの杜では、
まず初めに、実際に建物を建てる敷地地盤調査を行い、
その調査結果を基に基礎の設計を行います。

地盤調査の結果は、地盤補強の要否を判断し、
適切な基礎形式を選定していく上で非常に重要になります。
また、地盤補強が必要となった場合は、
その地盤にあった地盤補強工法を的確に選択することが必要になります。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは小林です。

畳が入りいよいよお引渡しまで僅かとなりました。

tatami
写真下に写っているイグサを敷き微調整を行います。

畳3枚では少し寂しいな・・・と職人さん。
確かに畳屋さんの出番も少なくなっているようです。

畳1枚を1帖と数えますので
「オーダーメイドの家」では3帖の畳コーナーとなりますが
お子さんとお昼寝するには十分の広さです。
tatami2



現場ではイグサの香りが広がり
新築の住まいに華を添えてくれました。


いよいよ本日より2日間
建主様のご好意により、
OPEN HOUSEを開催いたします。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!


「オーダーメイドの家」

8/7(土)・8(日) 10:00am-16:00pm
2DaysOnly→2日のみの開催です。
会場:つくば市(万博記念公園駅)近隣

*見学をご希望の方は、下記よりお申し込み下さい。
 パンフレット・会場のご案内を致します。

 Tel:0120-25-4825
 mail:info@takatsuka.com
こんにちは、小林です。

週末に開催されるOPEN HOUSE の みどころ をご案内します。

・無垢材の材質を統一されたオーダーメイドのキッチンや家具
・真っ白な外装の塗り壁
・こだわりの自然素材
 床:スギ無垢材
 壁:漆喰(カルクウォール)
 天井:ウッドチップ壁紙(オガファーザー)
 建具:タモ突き板
 塗料:植物油(リボスカルテッド)
・建主様こだわりの洗面ボウル
・トップライトによる効果的な採光
・常に家族の気配が感じられる中庭を囲む間取り
・ライフスタイルにあわせたたっぷりの収納力
                   ・・・みどころ満載です。

夢をカタチにしませんか。きっと何かがみつかります。
kitchin1


「オーダーメイドの家」

8/7(土)・8(日) 10:00am-16:00pm
2DaysOnly→2日のみの開催です。
会場:つくば市(万博記念公園駅)近隣

*見学をご希望の方は、下記よりお申し込み下さい。
 パンフレット・会場のご案内を致します。

 Tel:0120-25-4825
 mail:info@takatsuka.com


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

いよいよ今週末は
OPEN HOUSE を開催します。

「オーダーメイドの家」
 素材を統一したオーダーメイドの家具やキッチン。
 自然素材がもつ質感を活かしながら、
 住まい手のライフスタイルにあわせた
 ちょうどサイズ。

 「人と同じは嫌」と住まい手の想いと
 それに応えるつくり手の熱い想いが込められた、
 「世界に一つしかない住まい」。


ibent1

8/7(土)・8(日) 10:00am-16:00pm
2DaysOnly→2日のみの開催です。
会場:つくば市(万博記念公園駅)近隣

*見学をご希望の方は、下記よりお申し込み下さい。
 パンフレット・会場のご案内を致します。

 Tel:0120-25-4825
 mail:info@takatsuka.com


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople