FC2ブログ
自然素材と木の家。茨城の工務店。住まい手と造る 日本一楽しい家づくり 住工房つくばの杜
小林です。

昨日はリフォームの相談があり
話を伺いながら現地の調査を行いました。

同じような悩みを抱えている方が多いのではないかと思ったので、
お伝えしようと思います。



相談の内容は石綿スレート屋根からの雨漏れ

5年前に屋根材の塗装を勧めらリフォームを行いましたが、
最近、天井に大きなシミを発見。
リフォーム業者が調査をして見積りを提示してきたそうです。
金額の妥当性や強引な営業に不信感を抱き、
相談をうけました。

リフォーム業者からは結露が原因と言われたそうですが、

屋根裏を調査してみると雨漏れが原因であること、
今回のケースの場合、
リフォーム業者が提案する薄い塗膜に頼る塗装のリフォームでは
解決できないことを丁寧に説明させていただきました。

建築の知識のない住まい手にとっては
誰に相談していいのかもわからない。
こんな時に必要とされるのが

地域に根ざした工務店。

本来、つくり手が住まい手と家を守っていくのが当たり前のはずが
無責任な建てっ放しが少なくありません。

我々工務店がなんとかしなければなりませんね。

もし、同じような悩みを抱えている方は、
お気軽にご相談下さい。

 Tel:0120-25-4825
 mail:info@takatsuka.com

tsukumori_koba
Twitterボタン
Twitterブログパーツ


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople
スポンサーサイト



こんにちは、小林です。


つくば市のリフォームの現場です。
床のオイル仕上げを行い、いよいよ完成です。

kansei1
オイル仕上げ前

kansei3
オイル仕上後

オイル仕上げをすることにより、
チーク(床材)の木目が強調され
独特の深みが出てきます。

写真では伝わりませんが、
床材、巾木のチーク材と
キッチンデザイン、壁の珪藻土の質感が
とても良いバランスで仕上っています。

フローリングは全体の空間を左右します。
このリフォームで使用している、
壁の珪藻土・床のチーク材など
住工房つくばの杜のスタジオで実際に体感することができます。
是非スタジオで見てほしい!

工事中はお施主様と現場で打合せを重ね、
常にベストの選択をお施主様と探り完成に至る。
家づくりにおいて、お施主様と一体感を感じるこのプロセスが面白い。

お蔭様でカッコよく仕上りました。
施主様もかなり気に入られて、
奥様が「やって良かった」って、言ってくれた事が本当に嬉しいです。

本当に感謝!!



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。


つくば市のリフォームの現場が、
木工事がほぼ完了し、塗り壁の下地処理と木部の塗装です。


巾木は床材にあわせるため、
同材のミャンマーチークを加工してつくっています
これがかっこいい(笑)


窓枠は堅材で色味に深みのあるタモ材で併せています。

塗材は植物油を原料とした
リボス カルデット
tozai


チークは油木と言われ経年変化が楽しめる材なので
クリア塗装で素材感を最大限に活かします


写真では巾木のチーク材の独特の木目が伝わらないのが残念!
ddd
仕上りが楽しみになると養生を外すのが待ち遠しくなります(笑)


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このサイトを登録 by BlogPeople

こんにちは、小林です。

いよいよ竣工間近の
つくば市 リフォームの現場です。
oohari2
1階が車庫とつながる子供室、2階にLDKを配した住まいを
まず動線の整理から行い、
家族のつながりを優先し
1階をLDKと子供室をつなげる計画としました。

水周りが全て1階に配され動線と配管の集約化と一体的な空間となりました。

何といってもキッチンからリビングを抜ける建主様自慢の大きな梁。
oohari3
この大梁と柱が空間に圧倒的な存在感と安定感を与えます。
お施主様、床の養生が取れるのが待ち遠しいですね(笑)

住工房つくばの杜は、木づかいのリフォームも得意です。


人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople
こんにちは、小林です。

つくば市のリフォームの現場です。

築29年の伝統的な日本家屋のLDKを
開放感とつながりのある空間に全面改修を行います。
ti-ku4
開放感を得る為に一部の壁を撤去し、鉄骨梁により補強を行っています。

リフォームは既存部分の活かし方が重要になりますので
念入りに打合せを繰り返し、仕上りのイメージを固めていきます。

床の断熱と下地が終わり、いよいよフローリング貼り。
ti-ku3
フローリング材は無垢のミャンマーチーク オイル仕上
働き巾120㎜ 厚み15㎜

チークは天然のオイル成分により
飴色の経年変化で落ち着いた高級感のある色に仕上ることから根強い人気があります。
「銘木中の3大銘木」の一つと言われ、
北米産ウォールナットとローズウッドと並ぶ世界の最高級材です。

そのチーク材の中で最も風格があるのがミャンマーチーク。
反りや割れに強く、堅く狂いなどが少なく、
耐久性があることからヨーロッパでも古くから愛用されています。
お施主様、一緒に経年変化を楽しませてください(笑)。
ti-ku1
チークの色味がカッコいい!
住工房つくばの杜の展示場で
3年経年のミャンマーチークを是非ご覧ください。



人気ブログランキングに登録しています
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


このサイトを登録 by BlogPeople